TOPICS

特別な技術

最近では、多くの方が一般の大工に建物を建てる事を依頼しますが、日本独自の建築技術を使用しているのは神社や仏閣などの修復などを行なう宮大工です。宮大工は古くからの伝統的な建築技術を伝承している特別な大工なのです。

 Read More

CONTENTS

労力を無くす

間伐を行うには沢山の体力が必要になります。体への負担を軽くするために代行で行ってくれるサービスを利用すると良いでしょう。そのことで、楽に庭を綺麗にすることが出来ます。

 Read More

壁の塗替えなら

住宅には様々な素材を使用して壁を塗ることがあります。自分で壁を塗ってもいいのですが、業者に任せたほうが綺麗に仕上がることから塗り壁は業者に任せたほうが良いと考えられています。

 Read More

仕事内容や収入

住宅の雨漏り問題を予防します。大阪で外壁塗装して建物の寿命を伸ばしませんか?多くの家庭に選ばれている優秀業者がここにありますよ!

インターホンの交換をしたい人は必見です。こちらのサイトから無料で見積もりをだすことが可能なので参考にしましょう!

宮大工の仕事とその収入とは

宮大工とは、寺や神社などの日本古来の木造建築物を手掛ける大工のことで、専門性の高い仕事です。大きくて高価な木材を扱うことが多く、新築工事だけでなく貴重な文化財の解体修理も行うため、とても責任の大きい仕事です。大工の収入は現場系の仕事の中では比較的高く、見習いだと1日1万円ほど、腕が認められる頃には1.5万円、棟梁だと3万円弱が目安です。ただ、天候に左右される仕事なので、賃金が入らない日も多く、月収にはばらつきが出ます。その大工の中でも特に専門性が高く特殊な宮大工は、見習いの年収が350〜400万円ほどで、1人前だと600万円ほどになることも珍しくはないです。ごく一部では1000万円を超える人もいます。

これまでの歴史とその変遷とは

そもそも宮大工とは、元は僧侶が行っていた仕事です。飛鳥時代に慧滋と慧聡という僧侶が朝鮮からやって来て、飛鳥寺を建てたことから始まっています。さらにその同時期に、聖徳太子が2人から教わり、法隆寺などに代表される歴史的建造物を建立したと言われています。昔は僧侶が自分の自社の建築や修理を行い、それが宮大工となったのです。歴史的建造物の多くは屋根や柱、梁などが複雑な形や曲線になっていることが多く、高度な技術が必要になってきます。その技術は大切な文化財を保存するためには欠かせない特殊なもので、国から選定保存技術に認定されています。宮大工は各地の文化財を修理するので、1つの地域に留まってはいられません。そういった大変な仕事なので年々人は減り、今では全国に50人前後となっています。

外壁の塗装が劣化すると住宅寿命が短くなってしまいます。外壁塗装を越谷市で行なっているこちらに相談しましょう。

住宅の外壁をダメージから守っているのが塗装です。大阪で外壁塗装を行なっているこちらの業者に塗りなおしてもらいましょう。

外壁塗装を兵庫で行ないたいと検討しているならこちらの業者がおすすめです。個人や法人問わず、行なってくれるので気軽に相談しましょう。

CONTENTS

建物のトラブルを解決

最近では、住宅の様々なトラブルを解決してくれるような業者が多く出現しました。雨漏り修理を行なう業者もそのうちの1つとなっています。雨漏りが発生する原因をしっかりと突きとめて修理してくれるので安心です。

 Read More

業者を利用して

近年では外壁塗装などのリフォームを気軽に行なえるようになっています。建物の規模などを考えると外壁を塗り替えるだけでもかなり重労働になってしまうので、多くの方が業者に依頼するようになりました。

 Read More