勝てるトレーダーとは

勝ち組と負け組の違い

Written on   By   in 未分類

FXをやっていると、自分が買うと価格が下がってしまい、逆に売ると価格が上がってしまうということがあります。これが続くと、いわゆる典型的な負けのパターンと言えます。逆に勝てたとしても、このパターンに陥っている場合、単に運だけで勝てたということになります。また、同じように損切りをすると、価格が上がってしまうということもありますよね。

ですが、同じようにFXをやっている人の中には安定して勝ち続けている人もいるのです。もちろんそんな人たちでも負けることはあるのですが、1か月といったスパンで見るとしっかりと利益を出しているのです。こういった人たちは、ほとんどFXの収入だけで生活をしています。自分とどこが違っているのか、気になるのではないでしょうか。これは、インベストメントカレッジの発行する著書に書いてあるのです。勝ったか負けたかは小さな問題で、大きな問題はチャートの見方を知らないということなのです。
チャートは世界規模での売買の結果がグラフとなっています。

売りと買いのバランスの問題で、買いが多ければ価格は上昇しますが、売りが多ければ価格は下がります。大切になるのは、現在の状態ではなく、これから多くの投資家がどういった行動を取ろうとするかを予測できるかということなのです。買いが増えるか、売りが増えるかが予測できれば、自然と自分がどういう行動をとればよいかがわかりますよね。

インベストメントカレッジのWantedly

■相場を読むための知識をつける
チャートを読み、相場の動向を予測するというのがFXで勝つための大切な要素です。そのためには、しっかりとした知識が必要となります。インベストメントカレッジでは、様々なツールや書籍が用意されています。例えば、維新の介による「維新流トレード術」は、書籍ですが、多くのトレーダーに愛用されています。実際に著者である維新の介はもともとサラリーマンであり、FXで稼ぐことによって、現在は脱サラして投資のみで優雅な生活をしています。
インベストメントカレッジの教育は単なる理論でなく、様々な投資の成功者の実体験を基にした理論なのです。そのため、安易な気持ちで始めるようなものではないかもしれません。本気でFXで稼ごうといった人たち向けのものとなっています。
これは、インベストメントカレッジの経営理念が、「世界最高レベルの投資教育研究を行い、その成果を広く日本社会に還元することを使命とする。」ということによるものです。インベストメントカレッジではこのような著書だけでなく様々なツールなども販売しています。現在は、世界的に見ると、日本のトレーダーのレベルは低いと言われていますから、世界的にもレベルアップは必要なのかもしれません。