勝てるトレーダーとは

日別: 2018年8月24日

まだまだ低い日本の投資のレベル

現在はFXがブームになったこともあり、一般の投資家も増えてきています。FXは「Foreign Exchange」の楽で日本語では「外国為替証拠金取引」となります。つまり、外貨の売買をしてその差額で損益が出るということになります。株式などとは違い、手軽に始められるというところからブームになったようです。投資家が増えたのですが、やはりあまり知識のない投資家も多いですから、利益率はそれほどよくはありません。

どちらかといえば、運任せのギャンブルに近いような投資をしている人も多いのです。そのため、世界レベルで見ると、やはり日本の投資家のレベルは低いと言わざるをえません。FXを始めること自体は容易なのですが、肝心なのは、利益を得られるかどうかという点です。FX自体はツールを使用して、自動で売買をしますから、どう設定をするかが大切になります。売買のポイントをどこに設定するか、また、それをどのタイミングで変更するかというのも重要です。

そのため、価格の変動を表したチャートをいかに読むかで勝敗が大きく変わってくるのです。本気でFXをするのであれば、インベストメントカレッジ等の教育を利用して知識を付けるというのも大切です。インベストメントカレッジには、様々なツールや書籍も用意されているのです。

■勝率を上げるために
FXでの勝ち負けは簡単で、安いときに買い、高いときに売ればよいのです。但し、相場は変動しますから、常に思った通りに動くわけではありません。そのためには、これからどう変動するかを的確に予測できることが必要になるのです。
インベストメントカレッジでは、大衆心理を元に相場を予測し、利益を上げるというのがあります。相場は買いが多ければ上昇しますし、売りが多ければ下降します。要は、大衆の心理を考えて相場の動きを予測するのです。インベストメントカレッジの著書ではこういった大衆の心理について解説しているものがあるので、FXをするのであれば参考にするのもよさそうです。
インベストメントカレッジではサービスとして、維新流トレード術、ホットスプリングがあります。維新流トレード術はテクニカル分析の王道でもあるトレンドフォローを徹底的に研究したものです。また、ホットスプリングは、株式やFX、また、先物投資だけでなく、不動産や事業経営といった様々な視点から、幸福な人生の実現を目指すものです。そのためには、トレードの考え方を捨てるという場合もあり、投資を超えた生き方の学習ということになりそうです。
また、維新流のFX大衆心理トレード講座という動画も配信されているので、受講してみるのもいいかもしれませんね。

    0 Comments

勝ち組と負け組の違い

FXをやっていると、自分が買うと価格が下がってしまい、逆に売ると価格が上がってしまうということがあります。これが続くと、いわゆる典型的な負けのパターンと言えます。逆に勝てたとしても、このパターンに陥っている場合、単に運だけで勝てたということになります。また、同じように損切りをすると、価格が上がってしまうということもありますよね。

ですが、同じようにFXをやっている人の中には安定して勝ち続けている人もいるのです。もちろんそんな人たちでも負けることはあるのですが、1か月といったスパンで見るとしっかりと利益を出しているのです。こういった人たちは、ほとんどFXの収入だけで生活をしています。自分とどこが違っているのか、気になるのではないでしょうか。これは、インベストメントカレッジの発行する著書に書いてあるのです。勝ったか負けたかは小さな問題で、大きな問題はチャートの見方を知らないということなのです。
チャートは世界規模での売買の結果がグラフとなっています。

売りと買いのバランスの問題で、買いが多ければ価格は上昇しますが、売りが多ければ価格は下がります。大切になるのは、現在の状態ではなく、これから多くの投資家がどういった行動を取ろうとするかを予測できるかということなのです。買いが増えるか、売りが増えるかが予測できれば、自然と自分がどういう行動をとればよいかがわかりますよね。

インベストメントカレッジのWantedly

■相場を読むための知識をつける
チャートを読み、相場の動向を予測するというのがFXで勝つための大切な要素です。そのためには、しっかりとした知識が必要となります。インベストメントカレッジでは、様々なツールや書籍が用意されています。例えば、維新の介による「維新流トレード術」は、書籍ですが、多くのトレーダーに愛用されています。実際に著者である維新の介はもともとサラリーマンであり、FXで稼ぐことによって、現在は脱サラして投資のみで優雅な生活をしています。
インベストメントカレッジの教育は単なる理論でなく、様々な投資の成功者の実体験を基にした理論なのです。そのため、安易な気持ちで始めるようなものではないかもしれません。本気でFXで稼ごうといった人たち向けのものとなっています。
これは、インベストメントカレッジの経営理念が、「世界最高レベルの投資教育研究を行い、その成果を広く日本社会に還元することを使命とする。」ということによるものです。インベストメントカレッジではこのような著書だけでなく様々なツールなども販売しています。現在は、世界的に見ると、日本のトレーダーのレベルは低いと言われていますから、世界的にもレベルアップは必要なのかもしれません。

    0 Comments

FXで本気で利益を上げるために

いざFXを始めてみたけれど、実際にはなかなか勝つことができず、元を取り戻すこともできないといった方も多いのではないでしょうか。コツコツと利益を上げてもたった1回の失敗で全てを失ってしまうということもありますよね。タイミングを待っていても、自分の予想とは逆に動いてしまうという経験もあるのではないでしょうか。

多くのトレーダーは、そういった人たちの心理や行動を考えて、相場がどう動くのかを予測して投資を行っているのです。ですから、そういった考え方を知らない人にとってはいいように遊ばれているということになるかもしれません。大きな利益を上げるためには、そういった人たちの心理を理解したうえで投資をする必要があります。

インベストメントカレッジには、大衆心理を利用して利益を上げる維新流トレード術という著書があります。これは、インベストメントカレッジの投資に対する考え方の教えの一つになります。
但し、対象は誰でもよいというわけではなく、FXでの投資を専業と考えるような人向けということになっています。片手間にFXで儲けようということではなく、FXで一財産築こうといった方向けなのです。

■インベストメントカレッジの様々な教育
インベストメントカレッジでは、FXだけでなく、様々な投資に対しての教育を行っています。名称にカレッジとあるわけですから、高等教育機関といった意味合いもあります。書籍の発行だけでなく、様々なツールの販売も行っています。ここでいうツールとは、取引を行うためのものです。もちろん、そのツールの使い方や設定方法までマニュアルや動画で用意されています。まずは、自身の投資の目的をはっきりとさせることが必要です。趣味の範囲での投資で、少額の勝ち負けで一喜一憂するのもいいですし、本気で投資を考えるのもいいでしょう。
但し、本気で投資に取り組むのであれば、それなりの知識を付ける必要もありますし、相場の動向から先を予測できるようになる必要があります。100パーセント的中というのは難しいのですが、徐々に勝率を上げていくというのは、様々な知識や経験を糧にすることで可能なのです。本気で知識を得たいと考えるのであれば、インベストメントカレッジで学ぶというのも良い方法となりそうです。
実際の著書や理論は、投資で成功して現在もなおそれを継続している人たちの経験によるものなのですから。先人に学ぶというのは、投資だけでなく様々な分野においてもとても大切なことなのではないでしょうか。実際に成功しているわけですから、説得力もありますしね。

    0 Comments

維新流の維新の介って誰?

インベストメントカレッジの投資の教材には様々なものがあります。その中のひとつに維新流トレード術というのがあります。これは、FXで自身のトレード理論を築きあげた維新の介と呼ばれる人のトレード術を書籍化したものです。その維新の介は、もともとはサラリーマンで多額の借金があったのですが、その返済の足しにするためにFXトレードを始めています。半年かけて勉強をしてそこからリアルトレードを開始するのですが、最初のうちは資金も減っていったようです。

ですが、自身のトレード理論を築いていったことにより、リーマンショックで大暴落となった相場で大成功を掴んでいるのです。その後は、仕事も辞めて専業のトレーダーとなった人なのです。実践で大成功を収めたトレード術ですから、知識として理解しておけば、実際の投資においては役に立つのは間違いなさそうです。その維新の介は、現在は自身もトレードを行いながらブログや書籍の執筆などをしながら、トレード情報を発信しているのです。

■維新流トレード術ってどんなもの?
インベストメントカレッジの維新流トレード術は、トレンドフォローを徹底的に研究したトレード術になります。FXの相場には、様々な手法があるのですが、その中でも王道とされているのが、トレンドフォローです。トレンドフォローというのは、その名の通り、トレンドをフォローする。つまり、FXの相場における大きなトレンドに乗るという方法です。
FXに限らず、相場には流れというものがあるのですが、それに逆らわず流れにのっていくということなのです。そのためには流れをしっかりと読めるということが必要になります。流れを読み誤ってしまえば、流れにのっているつもりが、実際はそうではなかったということになってしまうのです。

■トレード技術を向上させる方法
維新の介のトレード技術を向上させる方法として、人に教えることというものがあります。これは、人に教えることができないということは、その根拠がないということなのです。根拠のないものでは安定した利益など得られるはずもありません。単なる偶然ということになりますよね。自らの理論を体型化し、人に伝えているというのがインベストメントカレッジの維新流トレード術ということなのです。
つまり、インベストメントカレッジの維新流トレード術は維新の介の過去の実践の中から生まれたトレードの理論なのです。維新流トレード術は維新の介のトレード術ですから、現在も日々進化を遂げています。インベストメントカレッジでは、この進化し続ける維新流トレード術を多くのトレーダーに習得してもらうため、投資教育プログラムの研究を続けているのです。

    0 Comments

どんな勉強ができるのか?

インベストメントカレッジでは、投資によって資産を増やしたい人のための教育や、さまざまなコンテンツの販売を行っています。以前に比べると投資への敷居はずいぶんと低くなっているので、投資に興味を持っている人も多いのではないでしょうか。投資そのものは簡単なのですが、やはり投資をする以上は利益を出したいものです。

そのためには、投資に対する知識だけでなく、どこに投資すれば儲かるのかといった判断のできる知識が必要ですよね。その教育の方法として、単純に投資の方法が勉強できるのではなく、実際に投資で成功している人たちからそのノウハウを学ぶというものです。生きた投資の方法を学ぶことで、その勝率も高くなってくるのではないでしょうか。もちろん、投資の方法はその人によっておかれた環境も異なりますから、人それぞれということになります。

そのため、インベストメントカレッジの教材には、自身の資産や生活の環境、どんな投資をしたいのかに合わせて様々なものが用意されています。その中から自身に合ったものを選ぶことで、より効率的な投資の方法を学習できるのではないでしょうか。自分に合った投資のスタイルに合わせて勉強することで、投資の方法だけでなく、無理な投資も少なくなるので、より勝率をアップさせることに繋がりそうです。

■投資教育の必要性
日本での投資は一部の投資家によるものだったのですが、FXがブームになったことで、一般にも投資が浸透していますが、まだまだ適当な投資が多いのが現状です。投資家の人口が増えてはいるのですが、その投資に関して学習をする機会はほとんどないのが現状です。そのため、世界と比べるとまだまだレベルが低いのです。
ですから、いい加減な投資も多くなってしまうので、FXにおいてはレバレッジ規制という規制ができているのです。もちろん、これは本人がきちんと意識して投資をすれば問題ないわけですから、規制よりも投資家のレベルを上げるということが大切なのです。
インベストメントカレッジの教育は、投資家のレベルの底上げを考えてのことなのです。投資をするのであれば、基本を学ぶことはもちろんですが、自分にあった投資の方法を知ることが大切なのです。インベストメントカレッジでの学習方法はさまざまです。プログラムによってかわってくるのですが、インベストメントカレッジの会員サイトでのWEBでのマニュアルや動画の提供だけでなく、書籍による提供といったものもあります。
自分のやりたい投資の方法に合わせて、プログラムを選べますから、集中的に学習できそうです。

    0 Comments