建物のトラブルを解決

雨漏りの種類と修理の仕方とは

雨漏りが発生する理由としては、屋根に穴が開いていることですが、その程度によって種類があります。ひとつは少しの雨であれば雨漏りはしないものの吹き降りなどの場合に発生するもの。雨が降りだしてすぐに雨漏りがするものと時間を置いてから雨漏りするもの、また天井や壁に染みが現れ、水滴が落ちてくるといったものです。 すぐに雨漏りをするようであれば、大きな穴が開いていることが考えられ、修理をするのも簡単に行えますが、それ以外のものは僅かな穴が開いていると考えられ、そのため雨漏りの原因となる箇所を探す必要があります。 いずれも修理では、水が屋内に進入する箇所を塞ぐことで、瓦屋根であれば瓦の交換を行ったり、またコーキング剤で穴を塞ぐといったことが行われます。

修理に掛かる費用について

雨漏りの修理は、軽度なものであればコーキング剤を使って修理することができ、数カ所程度であれば2万円程度から可能です。ただし、大規模にコーキング剤が必要になる場合には20万円程度は必要になります。また経年劣化などで屋根瓦や棟板金などが原因の場合には、本格的な修理を行う必要があります。 修理は基本的には、屋根そのものを修復するもので、最低100万円以上必要になります。もちろん、屋根の面積が広い場合や屋根の形状が複雑な場合にはその費用も割高で、300万円以上掛かる場合もあります。なお、近年は新しい屋根の修理方法として二重屋根があります。従来の屋根修理では一度、屋根の瓦や鉄板などを剥がしてから、新しい瓦または鉄板を取り付けるというものですが、二重屋根は既存の屋根に新しい屋根を付けるというもので、主に鉄板葺きの屋根で行われています。